2015年光風会総会報告


      『嘉族でチャレンジする光風会「新しい風です!!」』


会員の皆様には ご健勝にてご活躍の事とお慶び申し上げます。

2015年度 嘉悦大学光風会総会が7月5日(日) 12時より
東天紅 上野本店 3階「鳳凰の間」にて開催されました。

司会の 副会長 短大11回木原仁子、常任幹事 大学9回藤川幸子より開会が宣言されました。
開催にあたり、2014年5月以降(事務局へご連絡をいただいた方)ご逝去された会員17名の方に哀悼の意を表し、黙祷を致しました。

岡田会長挨拶後(怪我により欠席の為、副会長木原仁子代読,代読文は下記に掲載いたしました)、嘉悦学園創立者嘉悦孝先生57歳の時に録音されたタイトル「日本の婦人」の肉声を拝聴いたしました。

嘉悦孝先生の肉声拝聴後、議長選出へと進み、短大22回 河野永三子さんが議長に選出され、河野議長の下で、2014年度事業報告・同決算報告・監査報告・2015年度事業計画案・同予算案が原案通り、承認可決されたことをご報告申し上げます。
今年度も常務理事嘉悦康太様、学長赤澤正人様始め、大変多数の先生方、翠光会会長本間由美様他ご臨席を賜り、総会を開催できます事、大変嬉しくご来賓の皆様にお礼申し上げます。
皆様の温かいご支援とご協力のおかげで光風会は、大学と共に発展して参りました。
2015年3月に卒業しました新入会員には、初めての大学院後期修了生の博士号取得した会員が入会致しました。光風会設立83年は、記念すべき年度となりました。
これもひとえにご来賓の皆様の大学発展へのすばらしいお力の賜物と卒業生として感謝しております。
大学発展の思いより、本年度は新しい気持ちで会報編集、総会開催、光風会のつどい、タイムカプセルオープン式、新企画では嘉悦孝子顕彰小論文コンクールと活動を計画しております。
今年度も皆様と共に母校の発展を願い未来予想図を描き活動して参ります。

私は足の怪我の為、総会で皆様にお会いすることができませんでした。
1か月半、病室で見守る事しかできない中、「嘉族でチャレンジする光風会」をテーマに力を合わせ「怒るな働け」の精神を一つに準備し総会開催を迎えることができました。皆様と共に校訓「怒るな働け」で輪になり活動をして参りたいと思います。
活動には健康が一番です。
皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
(会長 岡田眞弓)


議事終了後は、ご来賓 嘉悦学園常務理事 法人事務局長 嘉悦康太様、嘉悦大学学長 赤澤正人様にご祝辞を頂戴いたしました。

続いてご来賓紹介、総会同時開催の茨城支部、栃木支部、埼玉支部の紹介があり、北海道支部長 短大10回池上喜重子さんの乾杯の発声で親睦会が始まりました。

会食のおり、ご来賓 ビジネス創造研究科 研究科長 三井逸友様より大学院のご紹介がありました。
その後、新幹事紹介、招待学生紹介、総会同時開催の栃木支部長 短大12回佐藤慶子さんからご挨拶をいただき、今年度開催支部会日程紹介がありました。

今年の総会は『嘉族でチャレンジする光風会「新しい風です!!」』 をテーマに、新しい会場にて開催いたしました。
ご来賓の方々、現役の学生さん、新幹事さんをご招待し、総勢96名の参加でテーマの通りの和やかな雰囲気の会となりました。

2部のイベントの平澤真希ピアノリサイタルでは、素晴らしいピアノの音色に加え、美しい八ヶ岳の四季折々の映像を交えた演出に心が和みました。また、「ふるさと」を参加者全員で歌い穏やかなひと時を過ごすことができました。

「はるか」・「学園歌」斉唱後、常任幹事 大学9回藤川幸子の閉会のことばで散会となりました。

また、ネパールへの義援金に、多くの会員の皆様にご協力をいただきました。
現在嘉悦大学では、10名のネパールの方が在学しています。光風会としても是非協力したいとの思いから総会会場にて募金活動をしましたところ義援金総額は49,601円でした。
これと5月の幹事会での義援金6万円とを合わせて、留学生に震災お見舞いとしますことをご報告いたします。

末筆ながら、早朝からお手伝いしていただきました幹事の皆様、招待学生さん、招待幹事さんに心よりお礼申しあげます。
(文責 安田央子)
総会・イベント | 2015/07/28
前のページに戻る
©2008 Kofukai - Kaetsu University Alumni Association