埼玉支部会報告


6月7日(日)埼玉支部会が、さいたま市大宮区JACK大宮18F「東天紅」で開催されました。

大学から穂刈耕二学長室担当部長をご来賓としてお迎えし、支部会員18名、本部役員・幹事11名、茨城支部から1名の計31名での開催でした。

開会にさきがけ、去る3月27日にご逝去されました、学園長 嘉悦康人先生のご冥福をお祈りして、黙祷を捧げました。

はじめに、短大5回 岩田春美支部長より、開会のご挨拶があり、その冒頭に今日を限りに、20有余年務めた支部長をお辞めになり、後進に引き継ぎたいとご発言がありました。

岡田会長は挨拶の中で、2800余名と全国25支部の中、もっとも会員数の多い埼玉支部で、長きにわたり、リーダーシップを発揮され、今日までご活躍くださった岩田支部長に、新ためて御礼を述べられました。
今後は、短大28回の久保恭子さんが支部長に、同期の3名の方が副支部長を務めてくださいます。

ご来賓の穂刈様からは、ご挨拶と大学の近況報告を頂戴しました。
21年春に、494名の新入生を迎えスタートしていること、建学の精神に基づいた大学のコンセプトは、「楽しい大学」「24時間キャンパス」「学生と家族的な交流」。
新しい広報誌「KAETSU on the MOVE」の紹介、居心地のよさをはっきしている24時間キャンパスは年始休みの5日間を除き、一日平均6名が泊っていること。
また、昨年9月に215教室と216教室をリ・デザインして、「KALC(Kaetsu Active Learning Classroom) 」という教室の紹介がありました。

KALCについては、大学HPに詳しくありますので、どうぞご覧ください。

岩田支部長と同期で、同じく20有余年茨城支部長を務められている塙秀子様のご発声で乾杯・会食となりました。

会食中に、支部会員として出席された短大2回卒の関ちか元教授が、太平洋戦争で、現在のベトナムで軍隊生活をおくり、戦地で病気となり、1946年戦友たちの助けで、最後の引き上げ船で帰国することができたというお話や、お歌がたいへんお上手で、機会あるごとに、披露されたこと、先生へのやさしい心遣いなどなど、康人先生の思い出やエピソードを語られました。

また、佐田名誉会長は、「孝先生には、論語をはじめたくさんのご講義を受けました。またご講義以外にもたくさんのお言葉を頂きました。その中から折々に皆様へぜひお伝えしていきたい」と述べられ、「人生にはいろいろと苦しみや困難なことに出会うが、その時こそ、心を和やかに、ゆとりを持って、そのものの本質をよく考え、とらえなさい。そうすれば自ら道は開けます」と、今に通じるお言葉をいただきました。           (文責 増保)


改選された支部役員
新支部長     久保 恭子 (短大28回)
新副支部長    大澤佐智江  (短大28回)
新副支部長    大杉 恵子  (短大28回)
副支部長(留任)  岡安 薫  (短大28回)
                              
image002-2.gif
支部会 | 2009/08/08
前のページに戻る
©2008 Kofukai - Kaetsu University Alumni Association