光風会山形支部会が開催されました


  

県下の山々から初冠雪の知らせが届いた11月3日(木)の文化の日、第10回目となる嘉悦大学光風会山形支部会が、米沢市の上杉記念館内旧上杉伯爵邸において開催されました。

乾杯・会食に続いて、いよいよ支部会のスタート。37年の長きにわたって支部長をお勤めになられた大内様(短大13回)から「再会と新しい出会い」をテーマに同支部会が開催されてきたことが紹介されました。

今回もまた正副全会長そろい踏みの光風会本部を代表して、会長の岡田様(短大21回)よりご挨拶の後は、大学から参加の大澤名誉教授と嘉悦学務局長によって「最近の学生気質」や「経営法学科の取組み」を紹介する来賓挨拶が行われました。

いつも身の引き締まる佐田名誉会長(高商10回)のご講話のあとは、木原副会長(短大11回)からの活動報告。去る10月29・30日の両日開催された大学文化祭・飛翔祭での光風会出展「働く女性の履歴書」と、同時に行われた(20年前の卒業生が埋めた)タイムカプセルの開封式の様子を中心に、今年度の光風会の取組みが披露されました。

会の後半では立ち上げから今日に至るまで、同支部会を一手に育て上げた大内支部長に代わり、これまでも同支部長を支えてきた佐藤様(短大24回)と松田様(同20回)ほかをそれぞれ新支部長・新副支部長とする役員改選(案)が示され、全会一致で承認。併せて現支部長の同支部会顧問就任も同時に要請、受理されました。

恒例となった出席者全員による「涙あり、笑いあり」の自己紹介のあとは、こちらもまた恒例の「校歌斉唱」が、盛況であった当会の締めくくりを飾りました。

(文責:嘉悦康太)
支部会 | 2005/11/10
前のページに戻る
©2008 Kofukai - Kaetsu University Alumni Association